Top
a

現代アフリカ講座2021 第2回目

  /  Events
イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

現代アフリカ講座2021 第2回目

2021年7月30日 @ 7:00 PM 9:00 PM

アフリカでビジネスのシーズを育てる

「最後の市場」として注目を集めるアフリカ。中国を筆頭に、欧米、アジアの企業のアフリカ進出の話題は、ここ数年で格段に増えています。日本側でアフリカでのビジネスを想定するとき、その多くが、フェアトレードやBOPビジネスと言った、比較的貧困であることをベースとしたものが多いのが現状で、企業が進出するとしても、非常にリスクの高い地域として認識されているのではないでしょうか。しかし、この先に見据えられる人口ボーナスに裏付けられた経済的ポテンシャルや、新たな経済秩序の中心となる可能性のあるアフリカには多くの可能性があるはずです。今回の現代アフリカ講座では、すでにアフリカに乗り出し、根を下ろし始めている企業を経営されている方や、そして、もう少しアフリカでの企業活動を俯瞰して見守り続けた方のお話を伺い、将来にわたるアフリカのポテンシャルを正面から考えてみたいと思います。

ナビゲーター:ウスビ・サコ(京都精華大学学長、アフリカ・アジア現代文化研究センター長)

「アンメットニーズを探し出せ!新興国におけるゼロからの商品開発(ナイジェリアの事例)」

日時:2021年7月30日(金) 19:00 – 21:00
出演:小林健一さん(新興国食品開発コンサルタント/ゼロワンクエスト)

オンライン開催・有料・申込制

小林健一さん(新興国食品開発コンサルタント/ゼロワンクエスト)
東北大学農学部食糧化学科を卒業後、2020年まで31年間、味の素株式会社の食品開発に携わる。初めて海外赴任したペルー味の素社で、マーケティングとR&Dを担当、問題事業だった即席麺と風味調味料を全改定し黒字化、事業の柱に成長させる。2015年より取締役としてナイジェリアに赴任しR&D部門を設立、現地の食生活と味覚を体感する中で乾燥納豆が大きな役割をしていることを発見、発酵豆を主原料とした初の画期的な調味料を完成させ、現地で大好評を得る。
現在は、企業向の食品開発セミナーや、食品系を目指す学生へのセミナー、またアフリカ19カ国含む世界56カ国訪問の経験から、小学生から大学生までわかりやすい異文化理解セミナーを実施、好評を得ている。現在月刊誌中央公論で連載中の「地球行商人 味の素グリーンベレー」のモデルの一人でもある。特技はマジック。

詳細

日付:
7月30日
時間:
7:00 PM – 9:00 PM
イベントカテゴリー:
,

主催者

京都精華大学 アフリカ・アジア現代文化研究センター