Top
a

ミャンマーの今を考える     

  /  Events
イベントを読み込み中

« イベント一覧

  • このイベントは終了しました。

ミャンマーの今を考える     

2021年3月9日 @ 7:00 PM 9:00 PM

ミャンマーの今を考える
―ミャンマーとクーデターの現状分析

京都精華大学(所在地:京都市左京区、学長:ウスビ・サコ) では、2021年2月1日にミャンマーで発生した軍事クーデターを受け、緊急WEBシンポジウム「ミャンマーの今を考える―ミャンマーとクーデターの現状分析」を開催します。なぜこのタイミングで軍事クーデターが起きたのか、今回のクーデターによる状況の変化について、専門家による分析と現地からの報告により、深く知り、考えるための場を提供します。

■日時:2021年3月9日(火)19:00-21:00
■言語:日本語
■参加方法:本イベントはオンライン会議システム「Zoom」で開催いたします(無料・要申込)
■主催:京都精華大学アフリカ・アジア現代文化研究センター


基調講演:「軍事クーデターはなぜ起きたのか?」

中西嘉宏(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)

パネルディスカッション:「ミャンマーの今を考える」

登壇者:中西嘉宏(京都大学東南アジア地域研究研究所・准教授)
    ジェラルド・マッカーシ(シンガポール国立大学アジア研究所リサーチ・フェロー)
    後藤修身(写真家・ミャンマー在住)

コメンテーター:ナンミャケーカイン(京都精華大学就任予定教員)
モデレーター:ウスビ・サコ (京都精華大学学長/同大学アフリカ・アジア現代文化研究センター長)


<本リリースに関するお問い合わせ先>
※取材いただく際は、事前に広報グループまでご連絡ください。
京都精華大学 広報グループ 中島 〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
Tel:075-702-5197 Fax:075-702-5352 E-mail:kouhou@kyoto-seika.ac.jp